‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

比例転換とは

2014/08/21

生命保険は、貯蓄性の保険であれば、月々の金額が決まっているのでローンを組むのと同じことです。そのため、現在のライフスタイルに合わせて保険内容を考える必要があります。たとえば、結婚や子供が生まれたなど扶養家族ができたという場合は遺族への保障が必要になるので死亡保障が必要ですが、独身である場合は、扶養家族は居ないので、死亡保障は殆んど必要ないです。
さらに賢く、保険を見直す時にぜひ聞いてもらいたい制度があります。それが、生命保険の転換制度です。転換制度とは、現在の契約を活用して、新たな保険を契約する方法です。現在の契約の積立部分や積立配当金を下取り価格として、新しい契約の一部にあてる方法で、元の契約は消滅します。 ただし、最初に契約した保険会社から別の保険会社に変えることが前提になります。転換制度には基本3つのタイプがあります。1つ目が基本転換、転換価格を終身保険のみに充てる方式です。2つ目が定特転換、転換価格を定期保険特約のみに充てる方式で、最後が比例転換、転換価格を一定の割合で分割し、終身保険と定期保険特約のそれぞれに割当てる方式です。ほかにも、転換価格を新しい契約の保険料の一部として充てる方式等があるので、興味のある人は近くの保険会社に立ち寄ってみてください。

定特転換とは

2014/08/21

生命保険には転換制度と言う物があります。余り耳慣れない言葉ですが、簡単に言うと現代加入している保険を解約せずに、その契約を活かして新しい保険に加入する事です。その仕組みは現代加入して保険を解約せず新しい加入する事によって発生する転換価格を一時払いの保険料として新規の加入する保険が買取ってくれるという仕組みです。
家計を見直す時に生命保険の見直しをする人が非常に多いのですが、一旦解約すると返戻金は驚く程僅かです。ですが転換制度では解約の際の返戻金よりも多くの金額で買取ってくれて特別配当金などの権利も引き継がれるので結果としてお得です。それが生命保険の転換制度のメリットで定特転換と呼ばれています。
ですが注意点があります。それは元々契約していた生命保険の責任準備金と配当金を新たに契約する生命保険の定期保険特約の部分にのみ前納保険料として充当される事です。新たに加入する生命保険の保険料が軽減されるのは定期保険特約の部分のみなのです。それの更新時には保険料は軽減されません。その点を十分に考慮する必要があります。
生命保険会社のセールスマンの、そろそろ更新の時期です、加入中の保険よりも充実した保障内容を同じ位の保険料で、と言うセールストークには要注意です。

転換制度の概要説明!

2014/08/21

転換制度とは現在契約している保険を活用して、新しく保険を契約する方法のことを言います。現在結んでいる契約で発生している積立配当金や積立部分を下取り価格として新しく結ぶ契約に充てることができますが、古い方の契約は消滅します。生命保険には終身保険などの主となる契約や特約など様々な種類があり、また保障内容や保険料・保険期間なども様々あります。この制度ではこれらの内容を総合的に変更することができます。
この制度は同じ保険会社でなければ利用できないことになっています。利用する際には変更後の内容が変更前に比べてどのように違うのかということをよく確認し、納得の上で契約を結ぶことが重要です。
保険料の算出の仕方は利用時の年齢・保険料率により計算されます。転換価格を終身保険のみに充当する基本転換・定期保険特約のみに充当する定特転換・一定の割合で分割し終身保険と定期保険特約両方に充当する比例転換という三つの転換方法があります。
保険会社が転換を勧めてくる時には、より保険会社の負担が少ない内容に変更させようとしている場合がありますので保険会社の人にすべて任せるのではなく自分の目で見て確認することが必要です。転換した場合の契約内容の比較を、書面で説明するという決まりがありますのでそこで確認ができます。

定期保険の見直しのポイントとは

2014/08/21

世の中、いつ何時どのような目に遭うかわかりません。どんなに気をつけていても、誰でも交通事故に遭ったり、病気になる可能性があります。
ですから、そのような目に遭った時のことに備えて、生命保険に入っている人はたくさんいます。なかには、若い頃に入った生命保険を満期になるまで払い続ける人もいます。しかし、生命保険は、年齢や生活環境などによって補償内容の必要性が変わってきます。ですから、時々見直してみてはいかがですか。
たとえば結婚した時や、子供が産まれた時などは、保険を見直す良いチャンスです。終身保険や養老保険は、老後のことを考えた時には安心です。しかし、月々の保険料が高額になります。定期保険は掛け捨てなので、保険料が安く家計の負担を抑えることができます。また、終身保険と違い、期間を決めて加入するので、状況に合わせて保険の内容を変えることも簡単です。
マンションなどの不動産を購入して住宅ローンなどの借金のある人や、子供や収入の無い家族のいる家庭では、収入保障保険に入ると安心です。この保険は、病気や事故だけでなく、リストラなどに遭って収入が途絶えた時、生活をするための収入を補償してもらえます。ですから、自分だけでなく家族の生活を守ることができます。

終身保険の見直しのポイントとは

2014/08/21

生命保険のうち終身型(終身保険)は、定期型のように掛け捨てにならず、解約すると返戻金が戻ってきますので、貯蓄性があります。しかも、養老型と違って満期がなく、死ぬまでずっと保障されますので、高齢化が進んでいる現在には最適な保険といえます。 しかし、そのような性質から、終身型の保険料は、定期型や養老型に比べて高くなる傾向があります。そのため、特に経済的に余裕がない人にとっては負担が重いです。 保険料の負担で困っている時は、見直しをすることで解決出来ますが、終身型でも毎月の保険料が抑えられる商品があります。それが、低解約返戻金型終身保険です。 この保険では、低解約返戻金の期間が設定されていて、その間に解約すると、返戻金が通常タイプより少なくなるという条件になっています。低解約返戻金の期間は、保険料払込みの期間と同じである場合が多いです。期間が過ぎれば、解約しても通常タイプと同じ返戻金を受け取ることが出来ます。 低解約返戻金型は、通常タイプよりも毎月の保険料が安いですから、負担が少なくて済みます。さらに、総払込保険料も少なくなりますが、低解約返戻金の期間に解約しなければ、通常タイプと同程度の保障が受けられますので、コストパフォーマンスが高いです。そのため、保険の見直しでは、有力な選択肢といえます。

自動更新の見直しのポイントとは

2014/08/21

生命保険の基本形は、貯蓄系の終身保険と養老保険、掛け捨ての定期保険の3つがあります。定期保険は保険料が安く、貯蓄性や解約返戻金はありませんが、保障額が高く働き盛りの方には欠かすことができません。生命保険はこれら貯蓄系の保険と保障重視の保険を組み合わせて作ることがほとんどで、組み合わせは終身保険と定期保険、養老保険と定期保険の2種類です。
日本の生命保険会社がこれまで販売してきた典型的な組み合わせが、終身保険に更新型定期保険です。若いうちに加入するほど保険料を安く抑えることができますが、更新時にはその年齢においての見直しが必要です。養老保険と定期保険を組み合わせる場合もあり、どちらも貯蓄性がどの程度なのか知っておくことが大切です。
最近では、定期保険を収入保障定期保険に見直すことがすすめられています。収入保障定期保険は、保険金を一括ではなく月額で、保険期間満了まで受け取ることができます。
定年退職までは保障を重視していても、貯蓄が増え、子供の教育費などが減っていくと、保障を必要最低限に抑えることも考えられます。定期保険は満期を迎えても更新ができますが、保険料が上がることがほとんどです。そのまま自動更新をするか、収入保障保険へ見直すかは大きなポイントとなります。

異なる保険を組み合わせるメリットについて

2014/08/21

定期保険は10年とか何歳までと期間が決められた掛け捨て保険です。当然解約返戻金もなく掛け金が安いというメリットがあります。
終身保険は貯蓄型で、解約すると返戻金があります。デメリットは保障内容の割に掛け金が高いということです。
生命保険は以上の2つの種類ですが、ここに医療保険やがん保険など特約を組み合わされ複雑になってきます。
収入保障保険というのは死亡と高度障害のみ保障される保険で、安い保険料で大きな保障を受けられます。遺族の生活保障としては有効な保険といえます。
メリットとしては保険料が安いことで、加入間もなく亡くなるとより多くの保険金を受け取ることが出来ます。しかし満了近くになくなると受け取る保険金は少なくなります。
このようにそれぞれの保険には長所、短所があるので、うまく組み合わせることが必要です。貯蓄と保障の両方を1つの保険に求めることはできません。
3000万円の保障を貯蓄型保険だけにすると、加入年齢にもよりますが40代で月10万円を超える保険料になってしまいます。子育て中はお金がかかり、収入も多くないので定期型の保険に加入して、生涯必要な保障は終身にすると良いということになります。
貯蓄型と掛け捨て型をうまく組み合わせて保険料支払いが無理なくできれば、家計に負担がかかりません。

ライフプラン毎に考える生命保険の見直し

2014/08/21

生命保険は1度加入したらそのままという人も多いですが、それでは万一のことがあったときに十分な保障を受けられません。定期的に見直しをしてライフプランに合わせていくことで、何かあったときに必要な保障を残せます。人生のターニングポイントが来たら、その都度内容を考え直すことが大切です。
20代で加入する場合は、就職がそのきっかけになります。就職する前までは親が子供に対して保険をかけているケースが多いですが、自分でお金を稼げるようになったのを機に自分で保険を考える人もいます。20代のときは誰かにお金を残すというよりも自分のための保険を考える人が多く、怪我で入院や手術をした場合の医療保険を重視して選びます。
中には介護保険や個人年金を考える人もいます。公的保険では40代からしか介護保険を受けられないため、若いうちに介護状態になった場合を考え、自分で準備をする人も増えています。年金も若いうちから積み立てておくことで、将来不安に備えられます。
30代になると結婚や出産で責任が増えるため、死亡保障を手厚くした保険に加入する人が多いです。子供が大きくなって自分の手を離れると死亡保障を減らし、病気に備える医療タイプの保険に変える人もいます。この頃になると保険料も高いため、保険料抑制の見直しも行います。

銀行を取り巻く環境

2014/08/21

銀行が担う役割を考える時に、忘れてはならないのが金融ビッグバンです。その意味は、1996年から2001年にかけて日本国内で行われた大規模な金融規制制度の改革の事です。日本版ビッグバンとも呼ばれています。
日本の金融システムはビッグバンが導入される以前は、金融システムに銀行を使い間接金融による護送船団方式が主流でした。ですが1986年にイギリスで行われた証券制度改革、ビッグバンを参考にして銀行業・保険業・証券業などの代理行解禁を行いました。その主旨はフリー・フェア・グローバルです。
具体的に、どんな事が行われたのかと言うと主な物では証券総合口座の導入が挙げられます。証券会社における総合口座の事です。銀行の場合、総合口座と言えば普通預金と定期預金をセットにしたものです。証券会社の総合口座は決済機能を持つMRFと株式・投資信託・債権などの取引口座をセットにします。
外貨為替法改正もあります。解りやすく言うと一般個人でも外貨預金が可能になる様に法律が改正されました。他にも銀行における投資信託の窓口販売やネット証券の参入など、多くの改革や規制改革が行われました。その結果として現代の日本社会は間接金融から直接金融に移行されたと言われています。