ライフプラン毎に考える生命保険の見直し

生命保険は1度加入したらそのままという人も多いですが、それでは万一のことがあったときに十分な保障を受けられません。定期的に見直しをしてライフプランに合わせていくことで、何かあったときに必要な保障を残せます。人生のターニングポイントが来たら、その都度内容を考え直すことが大切です。
20代で加入する場合は、就職がそのきっかけになります。就職する前までは親が子供に対して保険をかけているケースが多いですが、自分でお金を稼げるようになったのを機に自分で保険を考える人もいます。20代のときは誰かにお金を残すというよりも自分のための保険を考える人が多く、怪我で入院や手術をした場合の医療保険を重視して選びます。
中には介護保険や個人年金を考える人もいます。公的保険では40代からしか介護保険を受けられないため、若いうちに介護状態になった場合を考え、自分で準備をする人も増えています。年金も若いうちから積み立てておくことで、将来不安に備えられます。
30代になると結婚や出産で責任が増えるため、死亡保障を手厚くした保険に加入する人が多いです。子供が大きくなって自分の手を離れると死亡保障を減らし、病気に備える医療タイプの保険に変える人もいます。この頃になると保険料も高いため、保険料抑制の見直しも行います。

コメントは受け付けていません。