終身保険の見直しのポイントとは

生命保険のうち終身型(終身保険)は、定期型のように掛け捨てにならず、解約すると返戻金が戻ってきますので、貯蓄性があります。しかも、養老型と違って満期がなく、死ぬまでずっと保障されますので、高齢化が進んでいる現在には最適な保険といえます。 しかし、そのような性質から、終身型の保険料は、定期型や養老型に比べて高くなる傾向があります。そのため、特に経済的に余裕がない人にとっては負担が重いです。 保険料の負担で困っている時は、見直しをすることで解決出来ますが、終身型でも毎月の保険料が抑えられる商品があります。それが、低解約返戻金型終身保険です。 この保険では、低解約返戻金の期間が設定されていて、その間に解約すると、返戻金が通常タイプより少なくなるという条件になっています。低解約返戻金の期間は、保険料払込みの期間と同じである場合が多いです。期間が過ぎれば、解約しても通常タイプと同じ返戻金を受け取ることが出来ます。 低解約返戻金型は、通常タイプよりも毎月の保険料が安いですから、負担が少なくて済みます。さらに、総払込保険料も少なくなりますが、低解約返戻金の期間に解約しなければ、通常タイプと同程度の保障が受けられますので、コストパフォーマンスが高いです。そのため、保険の見直しでは、有力な選択肢といえます。

コメントは受け付けていません。