定期保険の見直しのポイントとは

世の中、いつ何時どのような目に遭うかわかりません。どんなに気をつけていても、誰でも交通事故に遭ったり、病気になる可能性があります。
ですから、そのような目に遭った時のことに備えて、生命保険に入っている人はたくさんいます。なかには、若い頃に入った生命保険を満期になるまで払い続ける人もいます。しかし、生命保険は、年齢や生活環境などによって補償内容の必要性が変わってきます。ですから、時々見直してみてはいかがですか。
たとえば結婚した時や、子供が産まれた時などは、保険を見直す良いチャンスです。終身保険や養老保険は、老後のことを考えた時には安心です。しかし、月々の保険料が高額になります。定期保険は掛け捨てなので、保険料が安く家計の負担を抑えることができます。また、終身保険と違い、期間を決めて加入するので、状況に合わせて保険の内容を変えることも簡単です。
マンションなどの不動産を購入して住宅ローンなどの借金のある人や、子供や収入の無い家族のいる家庭では、収入保障保険に入ると安心です。この保険は、病気や事故だけでなく、リストラなどに遭って収入が途絶えた時、生活をするための収入を補償してもらえます。ですから、自分だけでなく家族の生活を守ることができます。

コメントは受け付けていません。