定特転換とは

生命保険には転換制度と言う物があります。余り耳慣れない言葉ですが、簡単に言うと現代加入している保険を解約せずに、その契約を活かして新しい保険に加入する事です。その仕組みは現代加入して保険を解約せず新しい加入する事によって発生する転換価格を一時払いの保険料として新規の加入する保険が買取ってくれるという仕組みです。
家計を見直す時に生命保険の見直しをする人が非常に多いのですが、一旦解約すると返戻金は驚く程僅かです。ですが転換制度では解約の際の返戻金よりも多くの金額で買取ってくれて特別配当金などの権利も引き継がれるので結果としてお得です。それが生命保険の転換制度のメリットで定特転換と呼ばれています。
ですが注意点があります。それは元々契約していた生命保険の責任準備金と配当金を新たに契約する生命保険の定期保険特約の部分にのみ前納保険料として充当される事です。新たに加入する生命保険の保険料が軽減されるのは定期保険特約の部分のみなのです。それの更新時には保険料は軽減されません。その点を十分に考慮する必要があります。
生命保険会社のセールスマンの、そろそろ更新の時期です、加入中の保険よりも充実した保障内容を同じ位の保険料で、と言うセールストークには要注意です。

コメントは受け付けていません。