転換制度の概要説明!

転換制度とは現在契約している保険を活用して、新しく保険を契約する方法のことを言います。現在結んでいる契約で発生している積立配当金や積立部分を下取り価格として新しく結ぶ契約に充てることができますが、古い方の契約は消滅します。生命保険には終身保険などの主となる契約や特約など様々な種類があり、また保障内容や保険料・保険期間なども様々あります。この制度ではこれらの内容を総合的に変更することができます。
この制度は同じ保険会社でなければ利用できないことになっています。利用する際には変更後の内容が変更前に比べてどのように違うのかということをよく確認し、納得の上で契約を結ぶことが重要です。
保険料の算出の仕方は利用時の年齢・保険料率により計算されます。転換価格を終身保険のみに充当する基本転換・定期保険特約のみに充当する定特転換・一定の割合で分割し終身保険と定期保険特約両方に充当する比例転換という三つの転換方法があります。
保険会社が転換を勧めてくる時には、より保険会社の負担が少ない内容に変更させようとしている場合がありますので保険会社の人にすべて任せるのではなく自分の目で見て確認することが必要です。転換した場合の契約内容の比較を、書面で説明するという決まりがありますのでそこで確認ができます。

コメントは受け付けていません。